唾液の自然修復作用って?

唾液にはとてもすごい作用があることを知っていますか?


実は唾液には虫歯から歯を守る「再石灰化」という作用があるのです。


本来虫歯はプラークに含まれる細菌が糖分などを餌に乳酸や酢酸など強力な酸を作り出しミネラルバランスが崩れ歯が溶かされることによって起こります。


それを脱灰といいます。


通常口の中は弱酸性ですが食後や甘いものを食べた後は酸性に傾き脱灰が起こります。


一方で唾液には酸性に傾いた口腔内を中性に戻そうという働きがあります。


中性にもどると唾液の中のミネラルが溶けた部分を修復してくれるのです。


この自然な修復作用は「再石灰化」といい常にこれが行われています。


バランスがしっかりとれていると虫歯になりにくく常に酸性の口になっていると虫歯になりやすい状態なんです。


虫歯予防には唾液の作用が深く関わっていますので多く唾液を出す意識が大事になってきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。