歯周病ってどんな病気?

日本の人口のおよそ8割が発症しているといわれている歯周病。


その症状も軽度から重度まであり多くの患者がいるとされています。


歯周病は口腔内で歯周病菌に感染し発症するという感染症なのです。


歯茎で細菌に感染し腫れるなどの炎症が起きるると歯肉炎と呼ばれその歯肉炎がひどくなり症状が進行すると歯周炎となります。


それらを総称して歯肉炎と呼びます。



怖い病気!歯周病


歯周病は軽く考えられがちですがほっておくと重症化し骨まで溶かしてしまう恐ろしい病気です。


歯茎に炎症が起きることから歯周病は始まります。


進行していくにつれ歯を支えている骨にまで炎症が広がりさらに進行するとその骨が溶け歯が抜けてしまいます。


感染症なので細菌の元から根絶する治療を行いましょう。


誰にでもどの年代でも起こります


高齢者のかかる病気だと思われがちですが若い年齢層にもこの病気は広がっています。歯茎が腫れおかしいなと思ったら早い段階から治療を始めることが大切です。


ただそうは言ってもなかなか忙しくて歯医者に通えない人も多いですよね。


歯周病を治すには歯周病菌の殺菌が重要。なので普段使っている歯磨き粉を歯周病菌の殺菌力に優れいている成分が含まれているモノに変えるだけでも効果があります。


歯周病菌の殺菌力に優れている成分についても書いているのでそちらの記事を参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病菌に対し殺菌効果が期待できる頼りになる成分とは?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。