歯周病になると出る症状ってどんなの?

歯周病には軽度な状態のものから重度な状態なのもまであります。


それぞれで現れる症状が違うので詳しくみてみましょう。

軽度な症状「歯肉炎」

症状としては歯茎の腫れがあります。軽度なものですので痛みはそれほど感じないでしょう。

歯茎が腫れることで血が出ることもありますがこれも比較的少なく出血の頻度も低いです。


重症な症状「歯周炎」

かなり進行した歯周病といえるこの歯周炎は炎症が進んでいるので痛みがしっかり出てきます。

歯茎も腫れますがそれは歯と歯茎の隙間や歯周組織にまで炎症が広がるからです。見た目ではわからなくてもレントゲンでその様子がしっかりと確認できます。

そして歯を支えている歯槽骨までもが溶かされ歯は揺れ動き支え切れなくなるとしまいには歯が抜けることになります。


それでも放置した場合は?

治療をせず痛みに我慢し放置していると様々な症状が体に現れてきます。

歯周病を引き起こす細菌や炎症を起こしている物質が血液に乗り体中を巡るからです。歯が抜けるだけではない実は怖い病気なんです。


そのため歯周病は軽度の状態で早めの対策をすることが重要ですが軽度の歯周病の場合は気づかないことがほとんどです。


歯周病が怖い本当の理由は気づいた時には手遅れになっているケースがとても多いからです。


歯周病は生活習慣病と同じでかかってから治すのではなく予防する意識が大切。歯周病は歯周病菌によって起こるのでこの細菌を殺菌することで予防することができます。


歯周病菌の殺菌力に優れている成分に関しても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病菌に対し殺菌効果が期待できる頼りになる成分とは?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。