歯周病菌を殺菌する方法ってどんなのがあるの?

歯周病を引き起こす原因が細菌にあるというならば菌を殺してしまうのがいいと考えられます。


では殺菌の方法をみてみましょう。


殺菌する方法って?


歯科医が施術する歯周病の治療は歯周基本治療がほとんどです。


それは歯周病菌が増える場所の掃除です。歯と歯茎の隙間の歯垢や歯石の除去ですね。


ですから殺菌という治療は行われていないのです。しかし最近では歯周病菌の殺菌をしてくれる歯科も増えてきています。


殺菌する方法とは?


歯周病菌の殺菌に使われるのに次亜塩素水があります。これを症状のあるところの歯茎と歯茎周辺に当てることにより殺菌します。


次亜塩素水は歯周病菌の殺菌だけではなくほかの場面でも殺菌するために用いられているので安全で安心です。


またオゾンも使われています。


オゾンに殺菌効果があるのをご存知の方も多いのではないでしょうか。そのオゾンが歯周病菌の殺菌に応用されています。


ただ注意しなければいけないのは殺菌の治療は全ての人が受けられるわけではないことです。患者の状態により処置できないこともあります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。