歯肉炎・歯周炎2つの違い

歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病と呼ばれているわけですがこの2つの違いは何なのか比較してみましょう。


ちなみに共通している症状としては両方とも炎症を起こしているといことです。


重症度の比較


歯肉炎はおおよそ軽度な歯周病です。ですから気づかない人もおり見過ごされがちです。また症状も軽いので治療されずに放置されることが多いです。


歯周炎はどうでしょうか。こちらは重度な歯周病です。治療もしっかりと行っていく必要があります。


発症場所の比較


炎症している場所に大きな違いがあります。


歯肉炎は歯茎の炎症です。しかし歯周炎は歯茎もですがその組織にまで炎症が広がっています。


組織というのは歯槽骨や歯根膜といわれる歯の埋まっている骨や歯と骨の間の膜のことです。


ということは歯周炎は炎症がかなり奥まで進んでしまっているということになります。


炎症の起る場所を見て分かるように歯肉炎より歯周炎のほうが重症な歯周病であり2つの病気の違いが分かります。


歯肉炎の状態であれば歯周病専用薬用歯磨き粉などを使って歯磨きをして口の中の歯周病菌を殺菌することで改善できる場合もあります。


なかなか歯医者に行く時間が無い場合はこのような薬用歯磨き粉を使ってみるのも良いと思います。歯周病専用薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ 自分で自宅で歯周病を改善できる薬用歯磨き粉は?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。