歯周病に関すること

歯周病予防は液体歯磨き
歯周病は痛みや腫れ、ひどいと歯も失うことになる恐ろしい病気です。 そうならないためにしっかりと予防したいですね。 歯に汚れを残さない、溜め込まない 歯周病の原因となる歯の表面や歯茎の隙間にある汚れを残してしまわないように毎日しっ
歯周病予防にフッ素の効果
フッ素と聞くと虫歯予防というので有名ですが歯周病の予防にも役立つのです。 最近の歯磨き粉にはフッ素が配合されているのが増えています。  菌の増加抑制 フッ素には細菌の増殖を抑える働きがあります。 口の中には歯周病菌の
歯周病予防を始める時期
歯周病は年配の方々が発症しやすい病気ととらえられがちですが近年では若い人でも発症しています。 しかも増えてきているといいます。 小学生にも 小学生や10代にも歯周病になる例があり、これらを若年性歯周病と呼んでいます。
歯周病菌を唾液で殺菌
歯周病は歯周病菌により発症するので歯周病菌を殺菌し取り除くということで予防をしたり治療をしたりしす。 実は殺菌というのは非常難しいのです。 唾液で殺菌しましょう 食べ物を食べると唾液はそれらを飲みこみやすくするため沢山分泌され喉
歯周病菌だけ無くせるの?
歯周病菌がお口の中からすっかりいなくなれば歯周病は完治し、また予防するにしても完璧に予防することが可能になります。  歯周病菌をなくす事でどうなるか。 口に残った1㎎の歯垢には約一億という数の細菌がいるといわれています。 その種類
歯周病の歯の磨き方のポイント
歯周病により歯茎が腫れ血が出ると歯磨きをどのように行えばいいか困ります。 こうした状態の口の中の正しい磨き方を見てみましょう。 汚れの除去 歯周病は磨き残しによる歯垢や歯石が原因で炎症が起こり痛みが出てきたりしますので原因となる
歯周病の歯磨きで血が出るとき
歯磨きをしたときに出血ているのは歯肉炎を発症しているからかもしれません。 歯茎が腫れ赤く炎症を起こしているからです。 出血すると歯磨きをしにくく感じますが、どうするべきなのでしょうか。  それでも磨きましょう 出血したか
歯周病でも電動歯ブラシは使える
力を入れすぎることなく優しくブラッシングができる電動歯ブラシは便利で多くの方が愛用されています。 しかし歯周病の場合、使用しても問題ないのでしょうか? 磨き残しという点 歯周病は磨き残しの汚れが歯垢や歯石となり歯周病菌が増えて発
歯石の取り除き方
歯石が歯についたままだと口臭の原因になったり虫歯や歯周病になってしまいます。 歯が悪くなると食事が満足に取れなくなり歯が抜け落ち事になるかもしれません。 では、ついた歯石はどう落とすのでしょうか。 自分では歯石を落とすことはできま
歯槽膿漏予防にヨーグルトが良い
歯槽膿漏は日本国で70%の方がかかるという国民病です。 多くの方が悩まれている病気なので関心も高く様々な方法の予防が試されています。 予防には歯磨きの仕方やビタミン類を摂取する食事療法や生活習慣から見直す方もおられます。 その中で
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | … 最後 次ページ >>