歯周病に関すること

歯肉炎・歯周病に効く歯磨き粉はあるの?
歯磨きは幼いときから習慣となっていることでしょう。 離乳食で初めて食事をする時期から歯磨きもともに覚えていきます。 歯磨きは歯垢に付く細菌をどれだけ落とせるかというのと、それを毎日行うケアがポイントとなります。 歯磨きに付き物なの
歯茎がやせてしまう原因
自分の歯茎を見て、痩せてきたな、下がってきたなと感じたことはありませんか? 歯茎が痩せる原因はいくつかあります。 一つは老化です。年を重ねていくにつれ歯茎も共に老化していき痩せ衰えていくからです。 しかし毎日のケアでそのスピードを
歯茎の腫れの対処方法は?
歯茎が腫れたらどうしたらいいの? 歯磨きにあとや口をゆすいだ時血が出た事ありませんか? デンタルフロスや歯間ブラシを使った時、血がついてきたとドキッとしたことはないでしょうか? 出血はほとんどが歯茎から出ていることが多く歯茎の腫れ
歯茎を押すと痛いけど大丈夫?
歯茎が痛いと感じる原因・・・ 歯茎に違和感を覚え押さえてみると痛いと感じたことありませんか? 虫歯ではないし歯は押しても痛くない。 痛みはしみるというより重だるい感じではありませんか? もしかしたら歯茎に膿がたまっている
歯周病が引き起こす病
歯周病が体に与える影響はあるのでしょうか。 歯周病は歯茎の炎症から痛みを引き起こすことから徐々に進んでいきます。 治療をせず放置していると歯に歯垢や歯石が溜まり歯周病菌が増えてきます。 そして歯周病菌により歯茎がやせて下がることで
歯周病で歯が痛むワケ
歯周病になると初めは痛みも感じないので気づかないまま進行してしまう事があります。 放置すると歯を支えている骨が溶かされ歯が抜けて落ちてしまうことになる恐ろしい病気です。 歯周病菌は常在菌なので、すべての人の口の中に住んでいるます。
歯周病と歯石の関係
歯につく歯石というのは細菌の塊、唾液、血液からできます。 歯茎から出血してる部分は歯石が付きやすいです。歯石は石のようになるので歯ブラシでは取れません。 歯石が付くとわたし達の口の中でどんなことが起こるのでしょうか。 歯石は拡大し
歯槽膿漏は感染してしまうのか
歯を支える骨を溶かしてしまう歯槽膿漏は感染症です。 歯槽膿漏の元となる歯周病菌は人から人へと感染することで発症する病気なのです。 もともと人の口には存在していないからです。 感染ルートは様々で人と一つの飲み物を回し飲みしたり同じお
歯槽膿漏になってしまうワケ
歯槽膿漏は歯周病のことで今では収集病と呼ばれています。 歯槽膿漏は自覚症状が少ないので気が付かないまま過ごし治療に来た時にはすでに手遅れになっている、という事もある怖い病気です。 歯槽膿漏には、なぜなってしまうのでしょうか。 歯槽
歯槽膿漏と漢方
お薬は病気を治すのに効果的で即効性があるので重宝します。 しかしその反面きつい薬や長い期間飲み続ける事になると体への負担が大きくなり副作用が出ることもあります。 その点、漢方薬は即効性はないにしても体への負担や副作用の心配もなく病気を改善に
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | … 最後 次ページ >>